ドロボウが住宅に侵入する方法とは!?



From:富施貴


前回、
「ドロボウが侵入する手口とは!?」
の方で、
無施錠の窓ガラスからの侵入が多いと
ご紹介しましたが、

 

前回では紹介しきれなかった所を
3つご紹介します!

 

――――――――――――――――――
ドロボウが住宅に侵入する方法と対策
――――――――――――――――――
茨城県警察ホームページによると、
(平成26年~平成28年の合計値より算出)
ドロボウの侵入方法全体の
49.5%が無施錠の所から
侵入されており、

 

39.6%がガラス破り、

 

1.7%ドア錠破り、
同じく

1.7%合鍵

 

残りの7.6%その他となっています。

 

今回は、
ガラス破り
ドア錠破り
合鍵
についてご紹介します!

 

 

 

① ガラス破り
鍵のかかっている窓ガラスを
色々な方法で割って侵入します。

 

色々な方法とは、
・こじ破り(三角割り)
・打ち破り
・焼き破り
などがあります。

 

上記の方法については別の機会に

ブログにてご紹介していきます!


対策
・防犯ガラスの窓ガラスに変える
・補助錠を付ける
・センサー付きライトの設置
・防犯カメラの設置

 

ガラス破りについては、
ドロボウに時間をかけさせて
犯行を諦めさせる事が大切です。

 

統計では、ほとんどの泥棒は
【侵入に5分以上かかると諦める】
という結果が出ています。

 


② 合鍵
庭にある植木鉢の下などに
玄関ドアの合鍵を隠しておくと
とても危険です。

 

合鍵をドロボウが複製して
何度も狙われてしまうので、
鍵を外に置いておくことは
絶対にしないようにしましょう。

 


③ ドア錠破り
ドア錠破りとは、
ドアの隙間にバールのようなものを
差し込んで無理やりこじ開けて
侵入する手口です。

 

対策として
隙間の無いドアに取り換えたり
補助錠の設置がオススメです。

 

 

 

今回はここまで。

住宅侵入の約7割が窓から
入ってくると言われています。

 

補助錠などの防犯対策を
してみてはいかがでしょうか。

 

また、
住宅の防犯対策でお困りでしたら
お気軽にご相談ください。

 

防犯カウンセラーが
あなたの自宅の危険度を診断いたします。


――――――――――――――――――
五光警備保障株式会社では、

 

・イベント・式典会場での海外から来られる方のためのインフォメーション(通訳)スタッフの派遣(◎英語◎中国語◎韓国語)、工場内のケータリングサービススタッフの派遣を請け負っております。

 

・【事務所、オフィス、自宅】等を専門家による防犯診断を行っていますのでお気軽にご連絡ください。


コメントをどうぞ

CAPTCHA



Copyright(C) 五光警備保障株式会社 All Rights Reserved.