犯罪が起きやすい地域がある


 

From:富施貴

 

 

前回の
“不審車両の特徴とは!?”
に引き続き、
防犯顧問の三原さんによる
講義の続きを共有していきます!

 


今回は、
犯罪が起きやすい地域

 

犯罪が起きやすい地域を大きく分けて
4つご紹介します。

 


① 観光地
外国や他府県からさまざまな観光客が
来るので不審者の見分けがつかない

 

さらに、写真を撮ったり、
カメラを回しながら歩いている人が
いたとしても住民の人は、
普段から見慣れた光景なので
防犯意識が薄れがちになります。

 


② リゾート地
別荘を持つ人が多く、
留守にしがちなので狙われやすいです。

 

また、上記①と同じで、
不特定多数の知らない人たちを
日常的に見ているため
防犯意識が薄れがちになります。

 


③ 新興住宅地
・出来たばかりで近所づきあいが薄く

 不審者の見分けがつかない。

 

・出来たばかりの大型新興住宅地は
 交番がなくパトロールも手薄になりがち。

 

・出来たばかりの大型新興住宅地は
 銀行が近くにないため、
 家に現金を多めに置く家が多い。

 

・業者の出入りが多いので、
 作業服を着ている人は業者と
 思い込みやすいため危険です。

 


新興住宅地の中でも
特に狙われやすい家は、
最初に建てた家”です。

 

周りに家が建っていないため
見られることがなく、また
犯罪者は作業服を着て仕事をするため
周囲に溶け込みやすく
ドロボウの仕事がしやすくなります。

 

 

④ 高級住宅地
一発で大きく稼ぐために
プロの窃盗団が狙いやすいです。

 


以上の地域は、
とくに防犯意識を高く持って、
自分の財産は自分で守る意識を
持ちましょう。

 

 

――――――――――――――――――

ドロボウは周囲に溶け込みやすい服装をしている

――――――――――――――――――


ドロボウは周囲にとけ込み、
目立たない服装をしています。

 

1番多いのが“スーツ”です。

 

訪問販売員や新聞の勧誘のふりをして、
町中をうろついていても、
不審に思いません。

 

 

次に多いのが“作業服”です。


家を建てている工事業者多いため
作業服を着ていれば、
ほとんど怪しまれることなく
下見や仕事ができるため
不審者を思われにくいんです。


私の住んでいる地域は
田舎すぎてスーツを着ている人を
見かける事がまったくないので、
逆にスーツ姿の人がいるだけで
近所中で噂になるくらい目立ちます。

 


ドロボウはその地域にあった
服装をしてくるので、

 

「不審者かな?」

 

と思ったら、
あいさつなどで声をかけてみたり
普段から家の戸締りを
気にしてみてください。

 


今回はここまで。
次回もこの続きを書いていきます。
お楽しみに!

 

 

――――――――――――――――――
五光警備保障株式会社では、

・イベント・式典会場での海外から来られる方のためのインフォメーション(通訳)スタッフの派遣(◎英語◎中国語◎韓国語)、工場内のケータリングサービススタッフの派遣を請け負っております。


・【事務所、オフィス、自宅】等を専門家による防犯診断を行っていますのでお気軽にご連絡ください。

 


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree


Copyright(C) 五光警備保障株式会社 All Rights Reserved.