【悲報】秋は空き巣が増える!?


From:富施貴

 

暑さも落ち着いて
夏から秋に季節が変わりましたね!

 

今まで明るかった夕方も
薄暗くなって、
日が落ちて暗くなるのが
目に見えて早くなったと思います。

 


こうした夏から秋に変わる
9月後半から空き巣が増加する
言われています。

 


また、
夏は忍び込みが多いと言われています。

 

その理由は、
夏は夜もかなり暑く、
窓を開けたまま眠る人が多いので、
開いてる窓からドロボウが侵入してきます。

 

窓ガラスを割ったり、
玄関ドアをこじ開けるよりも

簡単で速く侵入できるので、
ドロボウにとってリスクが少ないです。

 

ドロボウの立場に立って考えても、
最初から開いてる所から入った方が
ラクですよね。

 

 

 

では、
なぜ秋になると
空き巣が増えるのでしょうか・・・
――――――――――――――――――
秋になると空き巣が増える理由とは!?
――――――――――――――――――
なぜ秋になると空き巣が増えるのか

 

その理由は、

 

秋になると
“日が落ちて暗くなるのが早い”
からです。

 


秋は、秋分の日を過ぎると
昼間の時間よりも、
夜間の時間が長くなり、

 

一部地域を除いて
夏よりも日照時間が短くなります。

 


つまり、
これからの夕方は明るい時間より、
暗い時間の方が多いという事です。

 

 

 

また、
夕方から夜間の時間帯を狙う空き巣を
警察用語で【宵空き】(よいあき)
と言われています。

 

専門用語があるくらい
この時間帯は、
空き巣が多いのが分かります。

 


――――――――――――――――――
空き巣被害に遭わないためにはどうすればいいのか
――――――――――――――――――
夕方の暗くなっている時に、
家の中が真っ暗にしている家は
留守だという事が分かってしまいます。

 


空き巣に留守だと思われない為には、

 

外出時、
家の電気を付けたままにしたり、

 

タイマー付きの照明に変えて
夕方から電気がつくように
設定する方法がオススメです。

 

かんたん留守タイマー付き照明

(Amazonより引用)

 


誰もいないのに電気を付けっぱなしは
電気代が勿体ない
と思う方もいるでしょうが、
自分の財産や命の方が
価値があるとは思いませんか?

 


少しお金はかかるとは思いますが、
以上の対策をオススメします!

 

 

また、
住宅の防犯対策でお困りでしたら
お気軽にご相談ください。

 

防犯カウンセラーが
あなたの自宅の危険度を診断いたします。

 

そして、
秋から空き巣が増えるという記事は
五光警備保障株式会社の防犯顧問である
三原成寛さんのブログ

タメになる住まいの情報マガジン
秋からドロボウが増えるって本当!?
を参考にさせて頂きました!

 

最後に

2019年12月1日に

防犯ジャーナリストの梅本正行さんによる

防犯講演会を計画しています。

詳細が決まりしだいご報告します。

ご期待ください!!

――――――――――――――――――
五光警備保障株式会社では、

・イベント・式典会場での海外から来られる方のためのインフォメーション(通訳)スタッフの派遣(◎英語◎中国語◎韓国語)、工場内のケータリングサービススタッフの派遣を請け負っております。

・【事務所、オフィス、自宅】等を専門家による防犯診断を行っていますのでお気軽にご連絡ください。


コメントをどうぞ

CAPTCHA



Copyright(C) 五光警備保障株式会社 All Rights Reserved.