ドロボウの標的になりやすい人とは!?


 

From:富施貴


前回からまたまた引き続き
防犯顧問の三原さんの講義を
共有していきます!

 

 

今回は、
ドロボウの標的になりやすい人の特徴
をアドバイスしていきます。

 

――――――――――――――――――
ドロボウの標的になりやすい人の特徴
――――――――――――――――――

 

ドロボウは主に、
力の弱そうな女性や子供、
お年寄りの方を標的にしてきます。

 


女性の場合は年齢に関係なく
“ストーカー”や
“下着ドロボウ”などの
被害が多いと言われています。

 

また、住宅に侵入している
ドロボウに出会ってしまったら
命の危険にさらされてしまいます。

 


子供の場合、
通学路で声をかけられて
そのまま連れ去られてしまったり、

 

両親が共働きの家庭の子供は、
子供だけで留守番しているときを狙って
侵入し、犯罪を働くドロボウもいます。

 


また、お年寄りが住む家は
庭の大半が植木や塀などで
道路から死角になっているため、
ドロボウにとって
仕事がしやすい造りになっています。


さらに、
“強盗や恐喝”、“詐欺”の標的にも

なりやすいと言われています。

 

その理由として

 

子供たちに遺産を残したいと思って
資産を貯めている人や、
老後の生活のために資金を貯めている
お年寄りの方は多いから…
という事などがあると言われています。

 


上記の事についての共通の対策を
アドバイスしていきます!

 

――――――――――――――――――
ドロボウに狙われないためには
――――――――――――――――――

 

ドロボウのほとんどが下見をしてから
盗みをはたらきます。

 

なので、
外から住宅を見たとき、
パッと見て分かる範囲に自分の情報が
ドロボウに分からないようにする事が
大切です!

 

例えば

 

外から見て子供部屋が特定できる
窓際(まどぎわ)にぬいぐるみや、
子供用のおもちゃなどが置いてあると、
子供部屋と特定されてそこから
ドロボウに入られる可能性が高いです。

 

窓際(まどぎわ)に
子供部屋と分かる物は置かないなどの
対策がおすすめです。

 


・夜になっても洗濯物が干してある
日が落ちて暗くなり始めていたり、
にわか雨が降りだしているときも
洗濯物が干したままだと
留守にしている事がバレてしまいます

 

帰りが遅くなる時や、
天気予報をチェックして
その日は雨になりそうなときは
“室内干しをするか乾燥機を使う”
という対策をおすすめします!

 


以上のことから

 

お金をかけなくても
防犯対策はできるという事と、
自分の財産や家族を守るために、
日頃から防犯意識を高くもつ事が
大切です。

 

と言う事ですね!

 

今回はここまで。
3週にわたって防犯顧問の三原さんの講義を共有してきましたがとてもタメになる話をして頂いたので私の防犯意識も以前より高くなりました。

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございます!!

 


――――――――――――――――――
五光警備保障株式会社では、


・イベント・式典会場での海外から来られる方のためのインフォメーション(通訳)スタッフの派遣(◎英語◎中国語◎韓国語)、工場内のケータリングサービススタッフの派遣を請け負っております。


・【事務所、オフィス、自宅】等を専門家による防犯診断を行っていますのでお気軽にご連絡ください。


コメントをどうぞ

CAPTCHA



Copyright(C) 五光警備保障株式会社 All Rights Reserved.