ドロボウが狙うマンションの特徴とは!?


 

From:富施貴

 


「2度もドロボウに入られた…」

 

と言っている人を
見たことや聞いた事がないでしょうか?

 

1度ドロボウに入られると、
その後何度も狙われてしまいます。

 

そこで、
今回はドロボウが狙うマンションの
特徴を書いていきます!

 


では、
どんな特徴のマンションが
狙われるかというと、
大きく分けて7つご紹介します。

 

――――――――――――――――――
7つの狙われるマンションの特徴
――――――――――――――――――


① 「新築のマンション
・住人同士の面識がなく
コミュニティが出来ていないので
見たことがない人がいたとしても
不審に思いません。

 

また、
“入居者の入れ替わりが激しい”
“単身者向け”のマンションも
同様に危険です。

 


② 「周囲が暗く、敷地が柵や堀で囲まれていない
不審者が目立ちにくく、
建物に簡単に近づく事が出来ます。

 


③ 「監視カメラ、防犯カメラが設置されていない
事故、事件、不審者の監視
犯罪の抑止力にもなり、
事件解決のために
警察の検証材料になります。

 


④ 「エントランスが出入り自由
不特定多数の人が出入りすると
不審者が目立たなくなってしまいます。

 


⑤ 「管理人が常駐していない
防犯意識が低いマンションだと思われ
ターゲットにされるおそれがあります。

 


⑥ 「カメラ付きインターホンではない
玄関を開けないと
誰が訪ねてきたのかが分からず、
不用意に開けてしまい不審者に
襲われてしまう危険性があります。

 

また、録画付きインターホンもあり、
不在中に誰が訪ねてきたのかが分かるため
防犯性が高くオススメです。

 


⑦ 「玄関のカギが一つしかない
“ワンドアツーロック”
1つのドアに2つのカギが
付いている事によって、
ドロボウの侵入に時間をかけさせ、
犯行を諦めさせる事ができます。

 

最近のドアは、ワンドアツーロックが
基本となっています。

 


この様な防犯設備が整ってなく、
防犯意識の低いマンションが
狙われます。

 


しかし、防犯設備のあるマンション
だからと言って安心は出来ません。

 


エントランスがオートロックでも
入居者や業者の後ろから付いていけば
侵入できてしまいます。

 

例えエントランスからは入りにくい
マンションであっても、自転車置き場や
駐車場などエントランス以外の場所から
侵入できるマンションも多くあります。

 

また、
管理人が24時間態勢で常駐
しているところは多くなく、
24時間態勢で常駐していても
管理人が席を外すスキは
必ず出てしまいます。

 

 

 

――――――――――――――――――
マンションで侵入されやすい部屋
――――――――――――――――――
「入りやすい」
部屋が狙われるのはもちろんですが、
「入りにくいだろう」
と油断している部屋も狙われます。

 


そんな狙われる部屋を
大きく分けて二つ紹介します。

 

1、2、3階の部屋
低層階は、侵入しやすく
逃げやすいので狙われます。


3階でも、ベランダからぶら下がって
降りることは可能です。

 


最上階の部屋
高層マンションでも、
屋上からロープを垂らしたり、
雨樋を伝って
ベランダに降りたドロボウもいます。

 

また、
最上階には
お金を持っている入居者が多いが、
防犯意識はあまり高くない傾向に
あります。

 


以上、
ドロボウに狙われる
マンションの特徴でした!

 

あなたが住んでいる
または、これから住もうと
考えているところは安全ですか?

 

大切な自分の財産や家族を
守るためにも防犯意識を高く持つ
事が大切です。

 

――――――――――――――――――
五光警備保障株式会社では、

・イベント・式典会場での海外から来られる方のためのインフォメーション(通訳)スタッフの派遣(◎英語◎中国語◎韓国語)、工場内のケータリングサービススタッフの派遣を請け負っております。

・【事務所、オフィス、自宅】等を専門家による防犯診断を行っていますのでお気軽にご連絡ください。
防犯診断に関する詳しい情報はこちら↓↓↓


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree


Copyright(C) 五光警備保障株式会社 All Rights Reserved.