雨や台風の日はドロボウ被害に注意!

2019年7月29日 月曜日

 

From:富施貴

 


梅雨が明けて、
これから夏本番の時期に
なってきてしまいましたね!

 


今年は、例年に比べて
涼しい時期が長かったですが、

 

残念な事にこれからますます
気温が上がってしまうそうです。

 

暑がりな私にとって夏はニガテな
季節になってきました…


夏と言えば、今年はまだ1回しか
台風が上陸していないですね。

 

 

気象庁のデータによると
今年は6回台風が発生していて、
台風の上陸はまだ1回とのことです。
(2019年7月29日現在)

 

ですが
過去のデータを見てみると、
夏に台風の上陸が多い事がわかります。

 


なので、そろそろ台風が来ても
おかしくない時期という事ですね!

 


しかし!

 

そんな台風の日は
ドロボウに入られやすいんです!

 

 

 

――――――――――――――――――
雨や台風の日がドロボウに入られやすい理由とは?!
――――――――――――――――――
雨や台風の日は、
ドロボウに狙われやすいんです

 

 

なぜなら、


雨や台風の日は風や雨の音によって
ドロボウが侵入しようとする時の物音を
かき消してしまうんです。

 


さらに、
台風の暴風雨のときは、

 

ガラスを割ったり、
シャッターや雨戸をこわしたり、

 

強引に侵入して音を出しても
台風被害の騒音だろう
と思わせられたりします。

 


あなたは台風の日に
窓ガラスが割れるような音がしたら、
外に行って周囲を確認しますか?

 

それとも

 

「気のせいだろう」

 

と思ってしまいますか?

 


私は天気の悪い日は
なるべく外に出たくないので
窓ガラスが割れるような音がしても、
家の中から見える範囲しか
確認しないかもしれないです

 


そんな台風の日に限らず
ドロボウは窓を割って入るパターンが
多いと言われています。

 


それと同じ理由で、
日常的に大きな音が聞こえる地域も
ドロボウ被害注意してください。

 

たとえば、

 

空港などが近く
飛行機がよく飛んでいて
大きい音がする地域

 

線路沿いで電車が通る地域
などなど…

 


では、
そんなドロボウに対する
オススメの防犯対策を
2つご紹介します。


――――――――――――――――――
オススメの防犯対策
――――――――――――――――――
① 窓ガラスを防犯ガラスに変える
普通の窓ガラスより
かなり割れにくいので、
ドロボウに侵入の時間をかけさせて
犯行を諦めさせる事が出来ます。

 

また、
シャッターや雨戸を閉めると
さらに効果的なのでオススメです!

 


② 窓に鍵付きの補助錠を付ける
窓ガラスを割りカギを開けられても
補助錠があればカギを開ける手間を
増やす事で時間をかけさせられるので
オススメです。

(Amazonより引用)

 


さらに
防犯ガラス
補助錠を組み合わせることで、
より防犯性能が高くなりますので、
よければ試してみては
いかがでしょうか?

 


ちなみに
防犯ガラスは、
紫外線カット率99%
と言われています。

 


これから夏にかけて
台風が発生しやすいです。

 

そんなとき

 

「ドロボウに入られないか不安・・・」

 

と言う方は、
お気軽にご相談くださいませ。

 

防犯カウンセラーが
あなたの自宅の危険度を診断いたします。

 


――――――――――――――――――
五光警備保障株式会社では、

 

・イベント・式典会場での海外から来られる方のためのインフォメーション(通訳)スタッフの派遣(◎英語◎中国語◎韓国語)、工場内のケータリングサービススタッフの派遣を請け負っております。

 

・【事務所、オフィス、自宅】等を専門家による防犯診断を行っていますのでお気軽にご連絡ください。

公園はドロボウにとって絶好の下見スポット!?

2019年7月23日 火曜日

 


From:富施貴

 


先日、
防犯カウンセラーの三原さんに
防犯講習をしていただきました!

 

講習の中で、
特に印象に残った話がありました。

 

それは...

 


外に干してあった干し柿や、
農作物を盗んでいくドロボウもいる
という事です。

 

よく
うちには盗まれるような物なんてないし...

 

と言う人が多くいますが、

 

ドロボウにとっては
家に入ってみるまで
本当に目当ての物があるかどうか
分かりません。

 

まさかこんなものが!?

 

というものまで
盗んでいくこともあります!

 


これは
ある老夫婦に実際に起こった事
らしいのですが、

 

ある冬の日
刑務所から出所して

 

何も持っていない男が、

 

着る服と食べ物を手にするために

 

夜の寝静まった
老夫婦の住宅に侵入し、

 

冷蔵庫の中の食べ物を食べて

 

寒さをしのぐための服を盗んで

 

さらに証拠隠滅のために

 

家に火をつけて放火した
という話でした。

 

 

 

ドロボウが狙うのは
お金や金目の物とは限らない
という事ですね。

 

気まぐれで命まで奪われるのは
たまったものではないです。

 


「自分は大丈夫だろう」

 

と油断せずに防犯意識を
高く持ってほしいと切に思います。

 

まず大切なことは、
ドロボウのターゲットにならない事です。

 

 


そこで今回は、
ドロボウに狙われやすい地域である
公園の近くの家がなぜ狙われるかを
アドバイスしていきたいと思います。

 

――――――――――――――――――
公園の近くの家は、なぜ狙われる?
――――――――――――――――――

 

ドロボウはその時の気分次第に
思いつくまま侵入する家を
決めているわけではありません。

 


必ず下見をしてから犯行に移ります。

 


その中でも公園は、下見をするには
最適な場所になっています。

 

 

なぜかというと、
公園には子供からお年寄りまで
いろいろな年代の人たちがいます。

 


ベンチに座って本を読んでいたり

 

遊具で遊んでいたり

 

ジョギングや犬の散歩をしていたりと

 

誰が何をしていても
不自然にならず、
ドロボウが紛れていても
気づくことはできません。

 


また、
公園の周りや駐車場に
車が長時間停まっているところを
見かけたとしても、
不自然に見えないですよね

 

その車の中で、
弁当を食べていたり、
昼寝をしていたりするのも
よくある光景だと思います。

 

本を読んでるふりや、
寝ているふりなどをして
いろいろな方法で下見しています。

 

そういった事から公園は、
不特定多数の人が

長時間居座っても不自然ではなく、
下見には最適な場所と言えます。

 

 

 

そのための対策は、
公園から自分の家が見える範囲に
不審な人物を見かけたら

 

「おはようございます」
「こんにちは」

 

などと、
さりげなく顔を見ながら
一言声をかけてみてください。

 

不審者に声をかけるのは怖い!
と感じるかもしれませんが

 

ドロボウは、
声をかけられたり、
顔を見られただけで
犯行を諦めることがあるので
とても効果的です。

 

なので、
ドロボウすることが目的のため
危害を加えられることは
基本的にありません。

 


『え、、、私の家の前が公園で不安』

 

と言う方は、
お気軽にご相談くださいませ。

 

防犯カウンセラーが
あなたの自宅の危険度を診断いたします。

 


――――――――――――――――――
五光警備保障株式会社では、

 

・イベント・式典会場での海外から来られる方のためのインフォメーション(通訳)スタッフの派遣(◎英語◎中国語◎韓国語)、工場内のケータリングサービススタッフの派遣を請け負っております。

 

・【事務所、オフィス、自宅】等を専門家による防犯診断を行っていますのでお気軽にご連絡ください。

 

ドロボウはズボラな人を狙ってる!?

2019年7月16日 火曜日

From:富施貴

 


あなたは面倒なことは
後回しにしたりしていませんか?

 

たとえば、
家の掃除、朝のゴミ出し
雨戸やシャッターを毎晩しめたり…

 

 

「明日やればいいや...」
「あとでやろう...」

 

 

などと思ったことはありませんか?

 

 

実は・・・

 

 


私はあります

 


そういったズボラな生活をしていると
ドロボウに目を付けられてしまいます。

 

ドロボウが盗みをはたらく時は、
ほとんどが下見や情報収集
していると言われています。

 


なので、
ドロボウに狙われる確率を下げるには
“自分の情報をドロボウに与えない”
事が大切です。

 


ドロボウに対して無意識のうちに情報を
与えてしまっている事を防ぐために
今回は、大きく分けて2つの対策
アドバイスしていきます!

 

 

――――――――――――――――――
ドロボウに情報を与えないためには!?
――――――――――――――――――

① ゴミの出し方、出す時間に注意!
五光警備保障(株)の顧問である
防犯カウンセラー三原さんも

“ドロボウにとってゴミは宝の山”

と言っていたとおり、

 

自分には必要ないもの
と思って捨てたゴミの中から
あなたの個人情報を盗んでいきます。

 

家族構成とか、裕福な家庭など...

 

また、指定された日以外でゴミを出すと
回収されるまでずっと残っているので
ドロボウがゴミをあさる時間を
与えてしまうので、
指定された日の朝に必ず出すようお願いします。

 

 


② 一目見て留守と分からせない!
・外が暗くなっても家の照明がついていない
・日中から雨戸やカーテンを閉めたままにしている

 

このように、
明らかに留守と分かる状態にしていると
空き巣に、「入って下さい」
と言っているようなものです。

 


家の照明を
タイマー機能のある照明に変えて、
夕方くらいから点灯するようにしたり
面倒くさがらずに毎朝カーテンや
雨戸を開ける習慣をつけることを
オススメします!

 

 

また、
新聞や郵便物がポストに溜っていても
留守だと思われてしまします。

 

旅行などで長く家を空けるときは
配達の停止をしましょう。

 


ちなみに
新聞の配達の停止は、
新聞を作っているところではなく
配達をする別の会社
連絡する必要があります。

 

詳しい対策について
防犯顧問の三原さんの記事に書いてます。

“ドロボウにとってゴミは宝の山”

 

 

興味のある方は、
ぜひ読んでみてください♬

 

とてもタメになりますよ(^^)

 


今回はここまで。
少しの油断やスキがドロボウに
狙われる原因になってしまします。

 

ドロボウに狙われないようにするには
一人一人が防犯意識を高く持つことが
大切です!

 


最後まで読んでいただき
ありがとうございました!


――――――――――――――――――
五光警備保障株式会社では、

・イベント・式典会場での海外から来られる方のためのインフォメーション(通訳)スタッフの派遣(◎英語◎中国語◎韓国語)、工場内のケータリングサービススタッフの派遣を請け負っております。

・【事務所、オフィス、自宅】等を専門家による防犯診断を行っていますのでお気軽にご連絡ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドロボウの標的になりやすい人とは!?

2019年7月8日 月曜日

 

From:富施貴


前回からまたまた引き続き
防犯顧問の三原さんの講義を
共有していきます!

 

 

今回は、
ドロボウの標的になりやすい人の特徴
をアドバイスしていきます。

 

――――――――――――――――――
ドロボウの標的になりやすい人の特徴
――――――――――――――――――

 

ドロボウは主に、
力の弱そうな女性や子供、
お年寄りの方を標的にしてきます。

 


女性の場合は年齢に関係なく
“ストーカー”や
“下着ドロボウ”などの
被害が多いと言われています。

 

また、住宅に侵入している
ドロボウに出会ってしまったら
命の危険にさらされてしまいます。

 


子供の場合、
通学路で声をかけられて
そのまま連れ去られてしまったり、

 

両親が共働きの家庭の子供は、
子供だけで留守番しているときを狙って
侵入し、犯罪を働くドロボウもいます。

 


また、お年寄りが住む家は
庭の大半が植木や塀などで
道路から死角になっているため、
ドロボウにとって
仕事がしやすい造りになっています。


さらに、
“強盗や恐喝”、“詐欺”の標的にも

なりやすいと言われています。

 

その理由として

 

子供たちに遺産を残したいと思って
資産を貯めている人や、
老後の生活のために資金を貯めている
お年寄りの方は多いから…
という事などがあると言われています。

 


上記の事についての共通の対策を
アドバイスしていきます!

 

――――――――――――――――――
ドロボウに狙われないためには
――――――――――――――――――

 

ドロボウのほとんどが下見をしてから
盗みをはたらきます。

 

なので、
外から住宅を見たとき、
パッと見て分かる範囲に自分の情報が
ドロボウに分からないようにする事が
大切です!

 

例えば

 

外から見て子供部屋が特定できる
窓際(まどぎわ)にぬいぐるみや、
子供用のおもちゃなどが置いてあると、
子供部屋と特定されてそこから
ドロボウに入られる可能性が高いです。

 

窓際(まどぎわ)に
子供部屋と分かる物は置かないなどの
対策がおすすめです。

 


・夜になっても洗濯物が干してある
日が落ちて暗くなり始めていたり、
にわか雨が降りだしているときも
洗濯物が干したままだと
留守にしている事がバレてしまいます

 

帰りが遅くなる時や、
天気予報をチェックして
その日は雨になりそうなときは
“室内干しをするか乾燥機を使う”
という対策をおすすめします!

 


以上のことから

 

お金をかけなくても
防犯対策はできるという事と、
自分の財産や家族を守るために、
日頃から防犯意識を高くもつ事が
大切です。

 

と言う事ですね!

 

今回はここまで。
3週にわたって防犯顧問の三原さんの講義を共有してきましたがとてもタメになる話をして頂いたので私の防犯意識も以前より高くなりました。

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございます!!

 


――――――――――――――――――
五光警備保障株式会社では、


・イベント・式典会場での海外から来られる方のためのインフォメーション(通訳)スタッフの派遣(◎英語◎中国語◎韓国語)、工場内のケータリングサービススタッフの派遣を請け負っております。


・【事務所、オフィス、自宅】等を専門家による防犯診断を行っていますのでお気軽にご連絡ください。

犯罪が起きやすい地域がある

2019年7月1日 月曜日

 

From:富施貴

 

 

前回の
“不審車両の特徴とは!?”
に引き続き、
防犯顧問の三原さんによる
講義の続きを共有していきます!

 


今回は、
犯罪が起きやすい地域

 

犯罪が起きやすい地域を大きく分けて
4つご紹介します。

 


① 観光地
外国や他府県からさまざまな観光客が
来るので不審者の見分けがつかない

 

さらに、写真を撮ったり、
カメラを回しながら歩いている人が
いたとしても住民の人は、
普段から見慣れた光景なので
防犯意識が薄れがちになります。

 


② リゾート地
別荘を持つ人が多く、
留守にしがちなので狙われやすいです。

 

また、上記①と同じで、
不特定多数の知らない人たちを
日常的に見ているため
防犯意識が薄れがちになります。

 


③ 新興住宅地
・出来たばかりで近所づきあいが薄く

 不審者の見分けがつかない。

 

・出来たばかりの大型新興住宅地は
 交番がなくパトロールも手薄になりがち。

 

・出来たばかりの大型新興住宅地は
 銀行が近くにないため、
 家に現金を多めに置く家が多い。

 

・業者の出入りが多いので、
 作業服を着ている人は業者と
 思い込みやすいため危険です。

 


新興住宅地の中でも
特に狙われやすい家は、
最初に建てた家”です。

 

周りに家が建っていないため
見られることがなく、また
犯罪者は作業服を着て仕事をするため
周囲に溶け込みやすく
ドロボウの仕事がしやすくなります。

 

 

④ 高級住宅地
一発で大きく稼ぐために
プロの窃盗団が狙いやすいです。

 


以上の地域は、
とくに防犯意識を高く持って、
自分の財産は自分で守る意識を
持ちましょう。

 

 

――――――――――――――――――

ドロボウは周囲に溶け込みやすい服装をしている

――――――――――――――――――


ドロボウは周囲にとけ込み、
目立たない服装をしています。

 

1番多いのが“スーツ”です。

 

訪問販売員や新聞の勧誘のふりをして、
町中をうろついていても、
不審に思いません。

 

 

次に多いのが“作業服”です。


家を建てている工事業者多いため
作業服を着ていれば、
ほとんど怪しまれることなく
下見や仕事ができるため
不審者を思われにくいんです。


私の住んでいる地域は
田舎すぎてスーツを着ている人を
見かける事がまったくないので、
逆にスーツ姿の人がいるだけで
近所中で噂になるくらい目立ちます。

 


ドロボウはその地域にあった
服装をしてくるので、

 

「不審者かな?」

 

と思ったら、
あいさつなどで声をかけてみたり
普段から家の戸締りを
気にしてみてください。

 


今回はここまで。
次回もこの続きを書いていきます。
お楽しみに!

 

 

――――――――――――――――――
五光警備保障株式会社では、

・イベント・式典会場での海外から来られる方のためのインフォメーション(通訳)スタッフの派遣(◎英語◎中国語◎韓国語)、工場内のケータリングサービススタッフの派遣を請け負っております。


・【事務所、オフィス、自宅】等を専門家による防犯診断を行っていますのでお気軽にご連絡ください。

 


Copyright(C) 五光警備保障株式会社 All Rights Reserved.